マレーシアでソフテニな日常

~大学でソフトテニス部に所属する体育会系なけんてぃがお届けするマレーシアのHappy Campus Life~

しつこいけど、今の時代大事なことだと思うから・・・

スラマッパギー‼

マレーシアのけんてぃです。

 

 今日のマラッカは雨です。じめじめしてて気持ち悪いです。しかも片頭痛持ちなので頭も痛いです。天気も気持ちもどんよりしている中、いつも通りブログを開いてみたら、例のお題スロットに「あなたの転機を教えて!」というお題がありました。今まさに僕は転機に立っていると思います。今日は「あなたの転機を教えて!」っていうお題で書きたいと思います。別に暗い話題じゃないよ。あ、こういうことたくさん書いている気もしなくはないけど書かせてください。お金ワンチャンだし。

 

 僕の大きな転機は3つ。1つは昔のなんでもない話、2つは最近自分の身に起きた偶然(?)。

 

転機1つ目、ソフトテニスを始める。

 小4の時に父親の勧めで始めました。その時は仕方なくやっていました。まあ趣味程度にはずっとやるんだろうな程度に軽く考えていました。当然、このころは全然転機になるとか考えていませんでした。

 

転機2つ目、2年の春、マレーシア留学に受かる。

 実際、現在在学中の神奈川大学には、留学をしやすいという理由もあって進学を決めたんですが、実際に決まるまで実感もわかなかったし、正直受かった後も「え、俺⁉」みたいな感じでした。それまでは、ソフトテニス部に入って、バイトもやって、勉強もして、普通の大学生が送る「普通の大学生活」していました。が、まずはマレーシア留学で「普通の大学生活」がぶち壊れました。いい意味で。⇐これ大事

 

転機3つ目、カンボジアへのインターンシップ

 ソフトテニスの普及活動を行っている荻原さんのもとへ。短期間ではありましたが、これが僕の「普通の大学生活」をいい意味でぶち壊す決定打になりました。このインターンを終えた後、今までブログで書いてきたようにマレーシアでのソフトテニスの普及活動に関われるようになりました。まさか自分が今までプレーヤーとしてしか関わりのなかったソフトテニスを普及する立場になるのは、全然想像していませんでした。しかもまだ学生なのに。

 

 マレーシアに渡航する前、マレーシア行きが決まったときにソフトテニス部の後輩に言われたひとことが印象に残ってます。

「マレーシアでソフトテニスするんですよね?」

 この時は「多分ね~」くらいに流していました。できると思っていなかったからです。ここまで実現できたのは、僕の力だけではなく、僕に関わってくれた皆さんのおかげです。

 

 これらの偶然が重なり、今のところ僕の人生が想像もできなかった素晴らしいものになってます。ただ、僕はまだ20歳、当たり前かもしれませんが、将来について以前に社会についてもまだよくわからないです。若者あるある(?)一寸先は闇ってやつです。今の時代も転機を迎えているわけなのでなおさらかと。そんな中だからこそ、思いもよらないところにチャンスが転がっていると思うし、前も言ったように、SNSの普及により、そのチャンスもぐっと近くに転がっていると思います。

「少年よ大志を抱け」

                                 -William Smith Clark

今の時代だからこそ大事なことではないでしょうか。