マレーシアでソフテニな日常

~大学でソフトテニス部に所属する体育会系なけんてぃがお届けするマレーシアのHappy Campus Life~

バイリンガル(?)の僕が思う簡単に英語を習得するためのひと工夫‼

スラマッパギー!

どうもけんてぃです。

 

僕はなぜマレーシアにいたのか、理由はたった一つ。英語の習得をするためでした。結果的にはその枠には収まらないほどの経験をしましたが、留学を志した当初の理由はそこにありました。いざ留学を終えてみると、僕はこう感じました。

 

「あれ、もしかして英語って日本にいても習得できるんじゃ・・・」

 

じゃあなんで留学した?ってことにもなりかねませんが、英語は僕ら日本人が感じている以上に簡単に習得できると思います。今回は、そう思った理由とともに、英語を簡単に習得する一工夫について話していきたいと思います。

 

僕がいたマレーシアの人はほとんどの人が英語を話すことができます。それどころか、英語、中国語(しかも数種類)、マレー語などなど、3から4か国語話せる人も少なくありません。なぜ、日本人とマレーシア人でこんなに差が開いているのか。僕が思う差ができた理由は、「話す機会の違い」です。日本人の教育における英語のレベルをクリアしていれば、十分に通用すると思うのですが、日本人はそれより先の実戦練習が足りていません。マレーシアはもともと3つの民族が集まった国で、その3民族間の共通語として英語が使われています。つまり、実践の場が多いということですね。この差が英語のレベルに直結していると思います。

 

以上のことを考えれば、日本人が英語を話せるようになるにはどうすればいいかは明白です。話す機会を増やせばいいんです。日本人は座学しかやりませんが、逆に言うと基礎はしっかりしています。学生の方は、学校の英語の先生と英語で話してみたり、留学生がいれば、その人と仲良くなったりするだけでだいぶ違います。社会人の方は、最近大人向けの英会話教室などのサービスもよく目にします。そういったところでネイティブスピーカーと会話して耳をならしたり、言い回しの勉強ができれば、完璧です。話す回数が多いほど上達も早いです。海外留学はこの機会が圧倒的に多いので英語を習得できます。しかし、「海外に行きたくてもできない=英語を話せない」にはならないということです。

 

海外に行きたい人は、何かわからない時とかトラブルが発生したときに英語で対応していかなければいけません。そういう時に英語を理解できるのかできないのかでは大きな差があります。英語は一工夫すれば簡単に習得することができる言語です。2020年には東京オリンピックもありますし、できて損はないです。何かやってみたいけどなんかいいのないかなと考えてる人とかにもおすすめです。英語ができたほうが人生の幅が大きく広がると思いますし、ぜひ頑張ってみてはいかがでしょうか。

 

ここからはおまけの留学の話です。僕は友達と雑談する程度はできますが、本当にアメリカ、ヨーロッパのネイティブと同じくらいのレベルで話そうと思ったら、海外に3~4年くらいいないと難しいらしいです。英語を本格的にやろうとしたらこれくらいハードルが高くなりますが、それでも海外にあこがれる人はチャレンジしてみてください。ストレスとかその他もろもろの問題が発生すると思いますが、基本的に留学先にはほかの日本人がいます。そういう人たちと仲良くなって、悩みを共有できるとだいぶ楽です。語学を勉強するにしても、楽しいと感じられなければやりがいは感じられないと思いますから、ストレスや悩みに柔軟に対応できれば楽しい留学ができると思います。頑張ってください‼