マレーシアでソフテニな日常

~大学でソフトテニス部に所属する体育会系なけんてぃがお届けするマレーシアのHappy Campus Life~

【マジレス】なんで体育の授業いらないって結論に至るのかがわからない

スラマッパギー!

どうもマレーシアのけんてぃです。

 

最近こんな文言を目にしました。

 

「体育の授業のせいでスポーツが嫌いになった」

 

気持ちは正直わからなくもないのが本音です。バスケとかサッカーとか正直苦手です。そのせいで疎外感を感じたことも当然あります。当然憂鬱な気分にもなりますよね。わかります。そのせいでスポーツを嫌いになるなんてこともあるのも承知です。ですが、だからと言って体育の授業がいらないなんてことはないと思います。

 

もともと、これを目にしたのはツイッターだったんですが、その時に体育廃止を支持していた人たちは、スポーツが嫌いになるからという理由で反論していたと思います。これってそもそも論点がずれている気がします。スポーツを好きになってもらうために体躯をしているわけではないと思うからです。文部科学省によると、体育の授業を行う目的は、身体能力を身に着ける、態度(スポーツマンシップのことかな?)を身に着けること、スポーツの知識、思考、判断の3つを挙げています。スポーツを好きになるという理由では体育はやっていません。運動するために必要なものを身に着けるためにやっているんです。確かに日常生活やっていて、なんだかんだ部活以外に運動する機会ってちょくちょくありますし、やってないと日常生活で困ることとか結構ありますよね。すぐ疲れたり、ちょっと走っただけで足が痙攣したり。スポーツマンシップもなんだかんだ社会で必要な礼儀だったりしますし。怪我したときの対処が遅れたら割と笑えない状況になったりもします。感情とか抜きにしたら、絶対必要な授業です。

 

 

でも嫌な人からしたらいらないと思うでしょうね。体力強化はともかく、ケガしないとか、スポーツマンシップとかって運動しなくても学べるものではあるので。でも、こういう嫌な思いをすることも実は大事なことだと思います。僕自身、嫌な思いを割とたくさんしてきました。理不尽なこともありましたし、ふざけんなと思ったこともありましたが、結局そういうことが一番自分の役に立っていると感じます。でも、嫌な思いは金輪際したくないですし、みんな同じだと思います。嫌な思いを自分がしていれば、ほかの人の嫌な思いに敏感になれるというか、理解ができると思います。嫌な思いしているときって、理解してくれる人がいるだけで結構救われますよね。

 

いつになっても自分が嫌なものってあると思いますし、これから死ぬまでなくならないと思います。そういうものへの態勢というか、うまい付き合い方を学ぶのにもいいかもしれませんね。僕だと、嫌とかいいからつべこべ言わずにやれって言いたくなりますけど、僕自身そういわれてそれができるくらい大人ではないので・・・。最近就活を初めて、その中でもやっぱり理不尽なことたくさんあるよというのは聞くので、それをなくす努力と流す努力をしないとと感じました。もう学生生活終わるのか・・・

 

 

関東学生リーグ反省会と英語の勉強

Hello, guys!  What`s up?

どうもけんてぃです。

 

この一か月ほどとても濃度の濃い日々を送ってきました。自分の所属する神奈川大学は、関東学生秋季リーグ5部を4勝1敗で優勝し、4部最下位との入れ替え戦に進みました。入れ替え戦は1-3で敗れてしまいました。自分はリーグを通じて、控えに回っておりましたが、有意義な入れ替え戦になったと思います。自分自身にとっても、4部との差を目にし、来年に向けて何が自分に足りないのかを知るいい機会になりました。

 

関東リーグでは4年生を中心に勝ち星を挙げてきましたが、今度は自分がその立場に立たなければいけません。緊張して実力を発揮できないだのなんだの言い訳してもしょうがないので、しっかり勝ちを積み重ねるための準備、努力をしていきたいと思います。4部や5部にはインターハイを経験した選手もいますし、それ以外でも一筋縄ではいかない選手が大勢います。そういった経験、実績のある選手と渡り合っていくために、自分のテニスをさらなる高みへ引き上げるための心構え

 

また、今回のリーグで4年生の先輩方は引退となります。本当にお世話になりました。ありがとうございました。これからもご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いします。

 

あと、これから英語でもちょっと記事書いてみようと思いますのでよろしくです。自分の英語はかなり未熟ですので、何か間違えあったら教えてください。

English version☟

I will write the article in English for keeping and brushing up my English skill. If you find out any mistakes, let me tell through comments or any SNS.

I participated in KANTO collegiate Softtennis League. It is held twice in 1 year. This time is second time that is held in the fall. It competes with 4 doubles and 1 singles.

We won division 5 and got the chance to raise division 4. But we lost play-off.  I found out a lot of weak points through this competition. I image that I will play in the next league instead of teammates retire from team.  will review my playing and keep going for my best performance in the next season!! Thank you for a lot of supports and my teammates!!

バイリンガル(?)の僕が思う簡単に英語を習得するためのひと工夫‼

スラマッパギー!

どうもけんてぃです。

 

僕はなぜマレーシアにいたのか、理由はたった一つ。英語の習得をするためでした。結果的にはその枠には収まらないほどの経験をしましたが、留学を志した当初の理由はそこにありました。いざ留学を終えてみると、僕はこう感じました。

 

「あれ、もしかして英語って日本にいても習得できるんじゃ・・・」

 

じゃあなんで留学した?ってことにもなりかねませんが、英語は僕ら日本人が感じている以上に簡単に習得できると思います。今回は、そう思った理由とともに、英語を簡単に習得する一工夫について話していきたいと思います。

 

僕がいたマレーシアの人はほとんどの人が英語を話すことができます。それどころか、英語、中国語(しかも数種類)、マレー語などなど、3から4か国語話せる人も少なくありません。なぜ、日本人とマレーシア人でこんなに差が開いているのか。僕が思う差ができた理由は、「話す機会の違い」です。日本人の教育における英語のレベルをクリアしていれば、十分に通用すると思うのですが、日本人はそれより先の実戦練習が足りていません。マレーシアはもともと3つの民族が集まった国で、その3民族間の共通語として英語が使われています。つまり、実践の場が多いということですね。この差が英語のレベルに直結していると思います。

 

以上のことを考えれば、日本人が英語を話せるようになるにはどうすればいいかは明白です。話す機会を増やせばいいんです。日本人は座学しかやりませんが、逆に言うと基礎はしっかりしています。学生の方は、学校の英語の先生と英語で話してみたり、留学生がいれば、その人と仲良くなったりするだけでだいぶ違います。社会人の方は、最近大人向けの英会話教室などのサービスもよく目にします。そういったところでネイティブスピーカーと会話して耳をならしたり、言い回しの勉強ができれば、完璧です。話す回数が多いほど上達も早いです。海外留学はこの機会が圧倒的に多いので英語を習得できます。しかし、「海外に行きたくてもできない=英語を話せない」にはならないということです。

 

海外に行きたい人は、何かわからない時とかトラブルが発生したときに英語で対応していかなければいけません。そういう時に英語を理解できるのかできないのかでは大きな差があります。英語は一工夫すれば簡単に習得することができる言語です。2020年には東京オリンピックもありますし、できて損はないです。何かやってみたいけどなんかいいのないかなと考えてる人とかにもおすすめです。英語ができたほうが人生の幅が大きく広がると思いますし、ぜひ頑張ってみてはいかがでしょうか。

 

ここからはおまけの留学の話です。僕は友達と雑談する程度はできますが、本当にアメリカ、ヨーロッパのネイティブと同じくらいのレベルで話そうと思ったら、海外に3~4年くらいいないと難しいらしいです。英語を本格的にやろうとしたらこれくらいハードルが高くなりますが、それでも海外にあこがれる人はチャレンジしてみてください。ストレスとかその他もろもろの問題が発生すると思いますが、基本的に留学先にはほかの日本人がいます。そういう人たちと仲良くなって、悩みを共有できるとだいぶ楽です。語学を勉強するにしても、楽しいと感じられなければやりがいは感じられないと思いますから、ストレスや悩みに柔軟に対応できれば楽しい留学ができると思います。頑張ってください‼

今後について

スラマッパギー‼けんてぃです。

 

さてさて、僕は日本に帰国して「マレーシアでソフテニな日常」が終わってしまったわけですが、これで僕は終わるつもりはないです。というよりかは、何かをやったというわけでもないのでこれから活動の幅が広がればいいなと思います。日本から世界へソフトテニスの魅力を発信していきたいと思います。方法はたくさんあるとおもいますが、すべてに共通して言えることは皆さんの協力が不可欠であるということです。僕自身も何かからやるのかはまだ検討中ですが、やることが決まったらこのブログを通して宣伝していきたいと思います。

 

マレーシアの後日談ですが、ソフトテニス支援の一環として、先日マレーシアを離れる際にマレーシアのサバ州ソフトテニス協会のK.K.Chinさんにラケットとボールを寄付させていただきました。これらはいずれも、以前ラケットハウスキングの桑田さんに支援いただいたものです。マレーシア代表チームは、今年韓国で開かれる国際ジュニア大会に参加します。高みを目指し、全力で世界と戦ってほしいと思います‼I hope Malaysia softtennis team do your best in Korea ‼

マレーシア留学を終えて感じた3つのこと

スラマッパギー!

マレーシアにいたけんてぃです。

 

先日、留学プログラムを終えて日本に帰国しました‼マレーシアに行くまでマレーシアの情報は皆無に等しく、とても不安な気持ちで海外へと旅立ちました。それから早1年、僕がマレーシアに行って感じたことがたくさんありました。想像していなかったこともたくさん起きました。そういう経験を踏まえてマレーシア留学で感じたことを今日はそれを3つにまとめてみたいと思います。

 

1.言葉や人種、国籍なんて関係ない

海外に出てみると、日本人やマレーシア以外の国から来た人の多さにとても驚きましたし、その人たちとの交流がとても楽しかったです。また、留学の序盤、まだ英語がうまく話せず、聞き取れない時でも、案外コミュニケーションをとることができていました。話相手のやさしさに感激しました。カンボジアでも、多くの方に出会い、お世話になりました。あまり話がうまくない日本人相手に様々なことを教えていただきました。僕みたいな話下手でも海外で何とか生活はできるんだなとも思いましたし、それは僕の力ではなく、僕の周りにいる方々のおかげであると感じました。感謝感激雨あられです。

 

2.失敗してもいい。トライアル&エラーだ!

これはカンボジアでお世話になった荻原さんの言葉で、僕が一番印象に残っている言葉です。僕は完璧主義なところがあり、こういわれた時も内心間違っていると思いました。僕ってとんだ堅物だったと思います。ですが、その後の留学の生活の中で失敗を積み重ねていくうちに、失敗から学べることの方が多いと感じましたし、そう考えれば、前に進めるとも感じました。正直、今回のマレーシア留学は失敗や苦労が多く、周りの人に迷惑ばかりかけてしまいました。今度は、そこから学んだことを生かし、何かしらの形で皆さんに恩返しをする番だと思います。

 

3.1人では生きていけない

留学前の僕は、何でもかんでも1人でやってしまえという感じの人でした。あまり周りの人に弱みを見せたくなかったというのもありますし、正直あまり信用していなかったのかもしれません。でもそれだと限界が来ます。僕はそのせいで自分のキャパシティーを超えてしまい、学校にも通えなくなってしまいました。そんな時に、周りにいた仲間たちが心配して声をかけてくれました。何気ないことのようですが、僕にとってはうれしいことでした。結局、最後まで余り学校に行くことはできませんでしたが、周りの人に支えられ、また支えながら生きていかなければいけないと思います。

 

まとめ

今回の留学で僕が感じたことは、皆さんから見れば当たり前だと思っていることもあるかもしれません。ですが、当たり前に感じてるものこそ、自分にとって大事なものなんだと思います。留学は、英語を勉強する場でもあり、1人の人間として成長する場でもあると思います。もちろん、つらい思いもたくさんしますし、思い通りにならないことだらけです。ですが、そういう環境だからこそ見つかる楽しみや成長があります。「留学をしたいな」と考えている方は、ためらうことなく今すぐ行くべきです。もちろん覚悟はいります。ですが、留学を終えたときには、さらに成長した自分がそこにいるはずです。